労働問題で頼れる弁護士事務所ガイド » 労働問題を弁護士に依頼するための基礎知識

労働問題を弁護士に依頼するための基礎知識

このカテゴリーでは、労働問題について弁護士に相談するにあたり、事前に知っておくべき事項について解説しています。

労働問題を弁護士に相談する前に

会社との間に労働問題がおきてしまった時、迷わず弁護士に相談するのが得策です。

弁護士に依頼して、交渉へ、労働審判、あるいは訴訟へ。

あなたを悩ます労働問題の解決に向けて、事前に知っておくと役に立つ情報をいろいろな角度からまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

以下のテーマから、弁護士に相談し会社との交渉を進めるにあたってのポイントを解説しています。

■弁護士に相談するメリット

「会社があなたの主張から逃げられなくなる」「和解にむけた交渉において、法的な支援をしてくれる」など、法律のプロにあなたの代理人となってもらう効果をまとめています。

⇒ 弁護士に依頼するメリットとは?

■費用について

着手金とは?報酬金とは?実費とは?弁護士に労働問題の解決を依頼した場合にかかる費用を理解することができるコンテンツです。

⇒ どれくらいの費用が必要なのかをチェック

■手続きの流れ

弁護士に相談してから、解決するまで。どんなステップがあって、どんな手続きや交渉、調停がおこなわれるのかを紹介します。

⇒ 解決までどんな流れに沿って進んでいくのか

■示談による解決

裁判所を介することなく解決する示談とは?基本的な仕組みの説明のほか、示談書を作成するにあたっての落とし穴についてアドバイスしています。

⇒ 示談について知っておきたいこととは?

■労働審判による解決

短期間で迅速な解決をはかることができる労働審判。その基本的なルールや和解までの流れ、弁護士がどんな役割を果たしてくれるのかを掴むことができます。

⇒ 「労働審判」とはどんな解決法なのか

■訴訟のポイント

示談でも、労働審判でも労働問題が解決できず訴訟へ。その時にどんな資料やデータがあなたへの不当解雇やセクハラを裏付ける証拠となるのかをお教えしています。

⇒ どうにもならずに訴訟へ進んだ場合

 

労働問題に強い法律事務所案内
労働問題を弁護士に依頼するための基礎知識