労働問題で頼れる弁護士事務所ガイド » 労働問題を弁護士に依頼するための基礎知識 » 弁護士に相談するメリット

弁護士に相談するメリット

賃金未払いや不当解雇など、労働問題に直面した際に弁護士に無料相談をしてみるメリットを紹介。

弁護士を頼るメリットとは?

労働問題に直面したなら、すぐに弁護士への無料相談を検討すべきです。なぜ、そうするべきなのか、詳しく解説します。

会社側が真摯に対応せざるをえなくなる

会社と言うのは閉鎖的なもので、ひとたび問題が起きると何とか社内で解決しようとし、第三者の介入をあまり好みません。ましてや被雇用者の友人・知人という立場では、話をしてくれない可能性も。

しかし、弁護士が話をしに行くと、無視できません。弁護士を立てているということは、場合によっては裁判になることもあるからです。労働問題の協議に応じずに裁判を起こされたとなったら会社のイメージ、信用は大きく下がります。

そのため、法律に詳しい弁護士への依頼をおすすめするのです。

法律の専門知識と交渉力を提供してもらえる

弁護士に依頼せずに労働関係の法律をがんばって勉強しながら、自分で交渉することも100%不可能ではありません。実際に、ネットや書籍などで「法律違反にあたるかどうか」「どのくらいの請求が可能なのか?」を調べて、独力で交渉をする人もなかにはいます。

とはいえ、相手企業側も弁護士を立ててきていると、個人で戦って要求どおりの結果を得ることはかなり困難です。また、「実際はもっと請求できたのに、知識不足でできなかった」というケースも考えられます。

労働問題を解決した経験・知識が豊富な弁護士に依頼することで、会社と対等になり、しかも漏れのない請求が可能になります。

労働審判や訴訟に伴う負担が軽減してくれる

労働問題の解決は、最終的には「労働審判」や「訴訟」といった場で行われます。いずれにおいても、あなたには会社との交渉やさまざまな書類作成、証拠収集など、面倒で煩雑な作業が求められます。

弁護士に依頼するとあなたの代理人として、すべてを引き受けてくれ時間的・精神的負担を軽減してくれます。また、「会社との関係が不安定な日々のなか、常に法律の専門家のサポートを受けられる」というのは、とても心強いものです。

早期解決へと導いてくれる

労働問題の相談・解決経験が豊富な弁護士であれば、法的に必要な手続きや交渉の仕方に精通していますから、比較的早期に満足のいく解決法が提示されることが多くあります。

初回は無料相談で対応してくれる弁護士事務所も多く、気軽に話を聞いてもらえますから、一日も早く解決に向けて行動をとることをおすすめします。

[案件別]労働問題の実績がある事務所をチェック

労働問題に強い法律事務所案内
労働問題を弁護士に依頼するための基礎知識