労働問題で頼れる弁護士事務所ガイド » どんな相談がある?労働問題の種別リスト » 不当解雇|弁護士への相談事案

不当解雇|弁護士への相談事案

不当解雇の相談を弁護士にしようという方のために、まずは解雇を法律的におさえておきたいと思います。

解雇には高いハードルがある日本の法律

まず解雇というのは、「使用者側から労働者に対して、将来に向かって一方的に労働契約を解消すること」とされています。

これは使用者側からの言動の内容にかかわらず、解消をいいわたされた労働者の側が、労働契約の解消を拒否する姿勢である時は、解雇といわれます。

日本の社会では、そう簡単に従業員を解雇できないといわれていますが、その法的な根拠となるのが、最高裁判例を踏まえて制定された労働契約法16条において「解雇は、客観的の理由が“社会通念上相当”であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして無効とする」と決められていることです。

“社会通念上相当する”とされているのは、懲戒解雇、整理解雇、能力不足、反抗的態度による解雇などですが、いずれの場合も裁判で認められるには、かなり高いハードルがあるといわれています。

解雇の労働審判や訴訟に強い弁護士事務所3選

旬報法律事務所

旬報法律事務所のHP画像
  • 残業代
  • 労災
  • 未払い賃金
  • 不当解雇
  • セクハラ パワハラ
  • その他
相談料 : 初回30分5400円
着手金 : 経済的利益により変動

「NTTリストラ事件」「日本マクドナルド店長・名ばかり管理職事件」など大型訴訟を経験

労働審判取り扱い件数 累計334件

報奨金:経済的利益により変動

代表弁護士:仲田 晋(1961年弁護士登録)/宮坂 浩(1989年弁護士登録)/棗 一郎(1993年弁護士登録)ほか

所在地:東京都千代田区有楽町1-6-8

京都第一法律事務所

京都第一法律事務所のHP画像
  • 残業代
  • 労災
  • 未払い賃金
  • 不当解雇
  • セクハラ パワハラ
  • その他
相談料 : 30分3000円(税別)
着手金 : 請求額の5%+税

半世紀の歴史を持つ京都最大級の法律事務所

賃金不払い、不当解雇のほか、労働災害や過労死、過労自殺など深刻な問題にも多くの実績

報奨金:経済的利益の金額により率が変動

代表弁護士:渡辺輝人(解雇、雇い止め、残業代請求・労働災害、過労自殺など)ほか

所在地:京都府京都市中京区烏丸通二条上ル蒔絵屋町280

法律事務所テオリア

完全成功報酬型
法律事務所テオリアのHP画像
  • 残業代
  • 労災
  • 未払い賃金
  • 不当解雇
  • セクハラ パワハラ
  • その他
相談料 : 無料
着手金 : 無料

「完全成功報酬制」のもと、依頼者利益を徹底追求

徹底した回収主義、年間約500件の取り扱い実績があり、数億円を回収

報酬金:経済的利益の20~30%

代表弁護士:松村龍一(早稲田大学理工学部経営システム工学科卒業・北海学園大学法科大学院修了/大手法律事務所勤務を経て法律事務所テオリアを設立)

所在地:東京都港区北青山1-5-12 北青山ホームズ

労働問題に強い法律事務所案内
労働問題を弁護士に依頼するための基礎知識