労働問題で頼れる弁護士事務所ガイド » 労働問題に強い法律事務所案内 » 東京法律事務所

東京法律事務所

大きな労働問題案件も扱った実績のある東京法律事務所について、その対応力を調べてみました。

集団訴訟の実績もある実力派「東京法律事務所」

東京法律事務所の公式サイト画像

東京法律事務所の公式サイトより(http://www.tokyolaw.gr.jp/)

労働問題を中心に、 労働者・市民・中小業者の事件に取組む東京法律事務所。

離婚や相続といった家族の事件、多重債務や交通事故といった生活の中でおこる事件、さらには大企業や国が関わる社会的事件まで、あらゆる事件に対応する総合法律事務所です。

東京法律事務所は、50年を越える歴史のなかで、次の4つの特色を身につけてきました。

不当解雇、女性差別、過労死といった労働問題の分野で、労働判例として取り上げられるような著名な裁判を数多く担当しています。

特に、B型肝炎訴訟(幼少期の集団予防接種での注射針の使いまわしが40数万人もの感染者を生んだ事件)では、全国弁護団の事務局事務所として、国の謝罪と被害者 への賠償基準の勝ち取りに貢献するなど、その力をしめしています。

日弁連をはじめとする弁護士団体の活動に積極的に参加する東京法律事務所は、「会社分割時における労働契約承継法の立法化」「労働審判制度の新設」など、労働者を保護する仕組みづくりに力を尽くしてきました。

弁護士の活動、基本的人権の尊重と平和主義を柱とする日本国憲法を弁護士の仕事の寄りどころと位置づけ、国家機密法、弁護士報酬敗訴者負担制度、有事法制など、憲法に反すると考えられる法律の制定の阻止に一貫して取り組んできました。

東京法律事務所の口コミ

口コミは見つかりませんでした。

東京法律事務所の実績DATA

取扱案件
  • 労働事件(解雇、賃金、残業代、人事、男女差別、セクハラ・パワハラ、労災・過労死)
  • 不動産(売買・賃貸借)
  • 相続/遺言/成年後見
  • 離婚/家族
  • 中小企業(企業法務/倒産/再生)
  • 債務整理/過払金請求/破産
  • 行政事件
  • 刑事事件など
料金体系 相談料:30分5000円 ※解雇/残業代/債務整理の初回相談料は無料(30分まで)
着手金
  • 300万円未満:経済的利益の8%+消費税
  • 300万円以上3000万円未満:経済的利益の5%+9万円+消費税
  • 3000万円以上3億円未満:経済的利益の3%+69万円+消費税
報酬金
  • 300万円未満:経済的利益の16%+消費税
  • 300万円以上3000万円未満:経済的利益の10%+18万円+消費税
  • 3000万円以上3億円未満:経済的利益の6%+138万円+消費税
実績 東芝柳町工場事件、野村證券事件、片山組事件など、労働判例にも取り上げられる著名事件の担当実績あり

東京法律事務所の事務所DATA

事務所名 東京法律事務所
代表弁護士 井上幸夫(1978年弁護士登録/日本初の過労自殺労災認定、三陽物産事件、兼松事件など)、小林譲二(1984年弁護士登録/日本リーダー ズダイジェスト社閉鎖・全員解雇事件など)ほか
所在地 東京都新宿区四谷1-4
公式HP http://www.tokyolaw.gr.jp/

[案件別]労働問題の実績がある事務所をチェック

労働問題に強い法律事務所案内
労働問題を弁護士に依頼するための基礎知識